Case

エニママで起きた変化# 021:teamとmeetを両立し、自分の理想とする働き方が実現できた!

エニママで起きた変化# 021:teamとmeetを両立し、自分の理想とする働き方が実現できた!

在宅ワークを始めたいけれど、安定した収入は得られる?社会の一員として楽しく働くことができるもの?

在宅ワークについて考えた時、このような不安が浮かぶことはありませんか?

今回は、エニママteamとエニママmeetを掛け持ちすることで、安定した収入と今の自分にとって働きやすい環境を得た方にお話を伺いました。

お話を伺ったのはこの方
永島かおりさん  
・お住まい:神奈川県
・家族構成:夫、子ども(高校1年生)
・趣味:読書・YouTube鑑賞

※エニママteam/エニママmeetとは?
エニママteam=アウトソーシングサービス(企業との間にディレクターが立ち、チームを組んでお仕事)
エニママmeet=就職支援サービス(家族ファーストな企業でパート社員・副業などあなたらしい働き方を提供)

これまでのご経歴は?

――ではよろしくお願いします。まず、前職までの経歴を教えていただけますか?

永島さん:

新卒で事務職に就き、結婚を機に退職しました。事務職の後はコーヒー店でパート勤務をしていましたが、妊娠を機に退職。出産後は専業主婦をしながら、掃除などの仕事にパートとして従事していました。

その頃、エニママを知った主人から紹介してもらい、2021年秋にエニママの登録を行ったんです。

長年PCに触れる機会が少なかったので、PCスキルには不安がありました。でも自分にマッチした働き方をやっと見つけることができ、ワクワクした気持ちのほうが大きかったですね。

今のお仕事の状況は?

――エニママteamとエニママmeetを両立しているそうですが、お仕事の状況を教えてください。

永島さん:

エニママteamでは、架電や記事入稿業務の3案件を請け負っています。エニママmeetでは、月35時間の業務委託で1社と契約をしています。

合計4件の仕事を掛け持ちしています。

――エニママmeetで契約した会社・業務内容は?

永島さん:

法律関係メディアの運営会社と契約しています。記事のファクトチェック、誤字脱字の修正などの校正・校閲業務を担当していますね。

記事を受け取り、約1週間でチェックし納品するというスケジュール感です。納品すればまた次の依頼が来るので、納期さえ守れば好きな時間帯に仕事ができるのがありがたいです。

――校閲のご経験はあったのでしょうか?

永島さん:

エニママteamの仕事で記事の簡単なチェック業務をしています。校正・校閲自体は初めてでしたが、エニママteamで培った経験がエニママmeetで活きているなと感じています。

エニママmeetでエントリーしようと思ったきっかけは?

――エニママteamの仕事をしていた中で、エニママmeetにもエントリーをしようと思ったきっかけがあれば教えてください。

永島さん:

当初は、特にエニママmeetでエントリーをすることは考えていませんでした。しかし、コーディネーターさんから直接声をかけていただいたことが、エントリーのきっかけとなりました(※)。

ちょうどエニママteamで請け負っていた案件の内、1つが終了となり、時間のキャパシティに空きができたタイミングでもありました。これもご縁だと思い、挑戦してみたんです。

※マイページに経歴を細かく書いてくださっている方や、エニママmeet公式LINEに登録いただいている方、永島さんのようにエニママteamで稼働歴があり、業務との親和性がある方は、コーディネーターから別途お声がけをさせていただくことがあります。全ての案件で行っているわけではありませんので、予めご了承ください

エニママmeetで実際に仕事をしてみた感想は?

――実際にエニママmeetで仕事をしてみていかがですか?

永島さん:

最初は、質問や確認を自分でするといったクライアントとのやり取りに慣れていなかったため、緊張しました。

でも、コーディネーターさんのサポートが3ヶ月間あったので、不安なことは相談できてとても安心したんです。「この場合どうやって伝えたらいいか」などの質問も受けてもらえて、助かりました。

仕事を始めて2ヶ月経った頃から慣れて、楽しくなってきましたね。そして、契約更新のタイミングで「業務量を増やしたい」と自分からクライアントに交渉もしてみたんです!先方も、「是非、できれば専任でやってほしい」とまでおっしゃってくださいました。

エニママでどのような働き方をしたい?

――エニママに登録した当初は、どんな風に仕事をしたいと思っていましたか?

永島さん:

体調面の心配があったので、在宅で長く働ける仕事をしていきたいと思っていました。

――これからの働き方について、なにか考えていることはありますか?

永島さん:

今の働き方に満足しているので、この働き方をまずは続けていきたいと思っています。子どもが大学生、社会人になればまた考えていきたいですが、在宅ワークは続けていきたいですね。

エニママteamとエニママmeetの両立について教えてください!

――エニママteamとエニママmeetの案件を掛け持ちして感じているそれぞれのメリット・デメリットがあれば教えてください。

永島さん:

私が感じているエニママmeetのメリットは、月の稼働量が決まっていて、安定した収入を得ることができていることです。仕事内容にも働き方にも満足しているので、デメリットとして挙げるほどではないかもしれませんが、黙々と行う仕事なので、少し寂しくなることはあります。

エニママteamのメリットは、チームで仕事をするので、メンバー同士でお互いさまの気持ちを持ちながら、わいわいと楽しく仕事ができることです!デメリットは、案件が終わってしまうこともあり、収入に波があることです。また、私が担当している架電業務には閑散期があるため、業務量にも波があります。

エニママmeetとエニママteamで、お互いのデメリットをメリットでカバーできている状態なので、非常に満足しています!

――エニママteamとエニママmeetを両立させるコツは?

永島さん:

私の場合は、エニママmeetの仕事は時間の融通が利き、エニママteamの仕事は業務特性上、稼働した方が良い時間帯があります。

・自分が稼働できる時間のキャパシティを知る
・休みを作るなどバッファを常に持たせる
・無理に仕事を引き受けない

このように、自分の状況に応じてスケジュール管理を行うことがコツだと思っています。

「頑張ればできるかも!?」と無理に仕事を引き受けてしまうと、自分に負担がかかるだけでなく、できなかった場合にクライアントに迷惑がかかってしまいます。

エニママmeetとエニママteamのどちらか一方は好きなタイミングでできる仕事にすると、余裕を持って仕事ができるのかなと思います。

一歩踏み出せない方へメッセージをお願いします!

――エニママteamと両立することで理想の働き方を手に入れた永島さん。エニママmeetのお仕事に興味のある方へメッセージはありますか?

永島さん:

在宅ワークを続けたいけど、収入も安定させたい!と思っている方には、エニママmeetはおすすめ。不安なことがあっても、3ヶ月間コーディネーターさんがサポートしてくださるので安心ですよ!

記事執筆:AnyMaMa 弘長知美
制作ディレクター:AnyMaMa 笹川かおり

About service

Recommend